石川県/(公財)いしかわ結婚・子育て支援財団

いしかわパパ子育て応援キャンペーン

ほっこりエピソード応募作品

休日はホットケーキの日

ブルームーン(加賀市)

「パパ!ホットケーキ作るよ!」
4歳の長男が私に言います。毎週のように、この言葉で起床。息子はワクワクして早起きできるようです。
我が家は両親共働き、そして私が料理好き(仕事でストレスを抱えた時にも料理をすると忘れられます)なこともあり、夫婦どちらも台所に立ちます。
その影響もあってか、2ヶ月ほど前から一緒にホットケーキを作るようになりました。初めは卵がきれいに割れなかったり、粉を混ぜる時に豪快にこぼしたりして泣いていましたが、すっかり一人前に成長。最近は、手慣れた手つきで材料や調理器具を1人で準備し、「今日はバナナかな。チョコレートかな。」とホットケーキのアレンジまで考えることができるようになりました。
今日も美味しいホットケーキを食べ、元気に遊びに出かけます。


カレー作り。まさか香辛料にまで手を出すことになるとは・・・

水球バカの父(金沢市)

カレーぐらいは作ろうと思い、月に1回は休日カレーを作るようになりました。最初は市販のルーをレシピ通りに作ることから始まり、次第にルーをブレンドすることを覚え、今では香辛料から作るように。さすがにもうこれぐらいでいいだろうと思っていた矢先に、子供たちから渡された誕生日プレゼントは・・・自家製カレーの作り方。まだまだ極めろとの家族の声が聞こえた気がしました。最近では、妻も子供たちも自分の誕生日メニューに私の作るカレーを希望。
妻に少しでも休んでもらえればと始めたカレー作り。こんなに家族みんなに喜んでもらえるとは思わず、まだまだカレー道は続きそうです。


初体験

隊長(小松市)

娘が生後2ヶ月が過ぎた頃、奥さんに産後の骨盤ケアへ行ってもらう為、初めて娘と2人でお留守。
ミルクも搾乳母乳もあるし、オムツも変えれる。ゆっくりしてきて~と見送りました。
時間になり、ミルクをあげながら太ももがやたら温かくて違和感。
初めて見る量のうんちがオムツから漏れて僕の太ももにもべったり。
オムツを外すと僕の手につき、手を拭こうとオムツを避けると、娘の足にも付き、足を曲げるたびにシーツにのびる。
もう、お手上げ。
新しいオムツに替え、娘と自分の服を替え、シーツを剥がして何とか片付いた時に奥さんが帰宅。
一連の流れを話すと、『そんな事、一度もない』と爆笑。
『本当は、もう一件寄りたい所があったけれど嫌な予感がして帰って来た』と。家の事は気にせずリフレッシュしてほしかった気持ちと、帰ってきた安堵感、母の勘って凄いなと思ったあの出来事は今でも忘れません。
これぞまさに初めての事だらけ。
その後しばらく、僕がうんちオムツを替える時のネタになりました。


保育園のお迎え

はるまき(金沢市)

コロナ禍でも変わらず仕事が忙しく、連日帰るのが遅くなり中々息子と一緒にいれる時間がない中、息子の願いは保育園のお迎えにパパに来て欲しいとの事、どーしても叶えて上げたくなんとか仕事を調整し休みを貰い、その日は朝から買い物に行き夜ご飯の準備を、お昼寝が終わる時間帯を目掛けいつもママが迎えに行くよりも早くお迎えにいきました、保育園の先生に呼ばれ、階段から降りてくると踊り場でパパと気付き手を振ると満面の笑みと保育園中に響き渡るおーきな声で「パパっーーーー!」っと持ち帰りの荷物すらも放棄して走り、保育園玄関でぎゅーっと抱き合いました。その夜パパが作ったカレーを食べ一緒にお風呂に入り大好きなポケモンゴッコをして眠りにつくまで離れる事はありませんでした。それからママがお迎えに行くとパパが良いと言われるのはちょっと先の話、、、。


妻がいない休日

5人家族の父(野々市市)

私は朝出勤時間が早く、帰宅時間が遅いため平日に家族と触れ合える時間があまりありません。3人の子供達は妻になつき、なにかあると「ママー!」と言っています。とある休日、妻が仕事のため子供達3人と1日過ごしました。三男は朝からママがいないと泣き、長男と次男は家の中を遊具でぐちゃぐちゃに。その対応をしているとあっという間にお昼ご飯の時間。なんとか食事を済ませ昼からはスーパーへ買い出しに。色々買わなければならないのにお菓子コーナーから離れない子供達。かと思ったら鬼ごっこが始まりてんやわんや。帰宅後疲れて座っていると三男がひょこんと膝の上に乗ってきました。なかなかうまくいかない1日でしたがこれだけで幸せを感じることができました。
妻が帰宅後「今日どうやった?」
私「大変やった」
いつも家事、育児、仕事をこなしている妻の偉大さを再確認できました。
私「いつもありがとう」
妻「そやろ!もうちょっと家のこと手伝ってよね!」
はい。としか返せませんでした。


やっぱりママはすごい!

ごっとん(金沢市)

いしかわパパ子育て応援キャンペーンを機会に、はりきって私(パパ)は慣れない料理に挑戦することにしました。
その日はママにゆっくり休んでもらおうと、「何もしなくてもいいからね~。」と伝えてさっそく料理(カレー)を始めることにしましたが、、、いざ始めると料理器具がどこにあるのか、調味料がどこにあるのか分からずに初っ端からママに、「フライパンどこー」「カレールーどこー?」と聞くことになり、出鼻をくじかれました。
その後も、カレーを調理する順番は携帯の料理サイトを見ながら見様見真似でやっていると、お野菜を入れる順番を間違えてお肉が焦げました。四苦八苦している姿を見かねて途中からは妻が手伝ってくれることに。私は手伝うというよりも邪魔をしているような状態でした。
できあがったにんじんはちょっと半生でしたが、子供と「やっぱりママはすごいね~」といって食べるカレーはいつもよりおいしい気がしました。


サプライズ授業参観

くっきーさん(金沢市)

小学校の授業参観に行く予定が、勤め先の会議と重なり行けなくなった時のこと。
ダメ元で主人に「代わりに行ってくれない?」と聞いたところ、「わかった。午後から半休取るよ。」とのこと。主人は学校行事に参加したことがなく、子供のイベントに無関心だと思っていたのでまさかの返答にびっくり。長男には「お母さん、行けなくなった」とだけ伝え、主人が行くことを秘密にしていました。授業参観当日、私の監視の目が無いと思い込み油断していた長男。後ろの席の子にちょっかいを出そうと振り返った瞬間、目に飛び込んできたのは教室の後ろで仁王立ちの父の姿!びっくりして3度見したそうです。その夜、主人はそのときの様子や、長男の友達から「〇〇のパパ、〇〇とそっくりや!」と声を掛けられたことを嬉しそうに話してくれました。長男も「来るなら言ってよ!焦った!!」と笑顔。初めて主人が参加した学校行事が我が家の忘れられない思い出になりました。


父の仕事

まー(白山市)

共働きの私たち。妻の負担が少しでも減るようにと、仕事が早く終わる日は夕食後の皿洗いなどの後片付けをしています。
今ではそれが当たり前のようになり、妻がゆっくりSNSをチェックしたり、子供たちとゆっくり過ごす貴重な時間となっています。


驚きのプラスアルファ

あーやん(金沢市)

家計の為に主人がお休みの日は残業をする事を始めました。
保育園のお迎えに間に合わないのでお迎えだけ主人にお願いをしました。
仕事から帰宅してみると、しっかりお迎えに行ってカバンや帽子なども片付けてあり、そして食卓にはなんと夕飯の準備がしてありました。
私はたまになので、簡単に済ませる食事を考えてありましたが、不器用ながら慣れない手付きで作ったような夕飯が並んでおり、たまにの休みに育児・家事をさせてしまって申し訳なくなりました。
その日の夕飯は人生で1番美味しい夕飯でした。


カレーでほっこり

ヒリパマ(金沢市)

ある週末の午後、パパと娘が夕飯を作ってくれるということで、私は一人でゆっくりお買い物。
夕方、帰ってくるとカレーができていて、娘は「自分が野菜とルーを入れた」と手伝ったアピール。
自分で作ったのが余程美味しかったのか、普段は食べないニンジンもペロリ。
空になったお皿を自慢げに見せてきます。
それを見たパパが「いっぱい食べてエライね」とほめると、娘はさらにニッコニコ。
慌ただしいことが多い日常の中で、心も体もポカポカした時間でした。